F*your Internet

ゴミみたいな記事を目指します

news.yahoo.co.jp

president.jp

武蔵小杉という土地では4500万円で買ったマンションが「タワマン」扱いになるのがまず驚き。そこまでして成金気分を味わいたい人だけが住む土地なんだろう。しかし、

 「おいくらでお買いになったのですか? 」

 男性から聞いた額は、新築分譲時よりも15%ほど値上がりした水準だった。

 「それでも、あの台風の前だったらさらに1割ほど上乗せして売れましたね」 「はい。私もそのつもりでいたのですが」

 男性が苦しそうに答える。

らしいから、件の災害さえなければ悪い買い物だとは見なされなかったんだろう。実際、被害に合わなかったすぐ隣のタワマンは今でも高値で売買されてるらしい。平均的なことを言えばどんなマンションでも時間経過とともに値段が下がっていくものに決まってると思っているのだが、タワマンに限れば、上手くやれば儲けも出せる代物らしい。自分が住むことが出来る、儲けることもできる。買わない手はない。よくまあ郊外でそんな安い(マンションにしては)ものを買うものだと思うけど。高く売れることを考えるより、買い手が多くつくことを考えたほうがいいと思う。売れずに高い管理費と高い高い税金を払い続けるという状況が一番怖いので。ということを考えるとまず郊外はありえない。せっかく東京に住んでるなら都心で買っておけばよかったろうに。

ところで、ペアローンなんて概念があるんだなあ。よく分かってないんだけど、もしかしたらこれは寧ろ離婚をする場合には楽なのかもしれない。結婚後に家を買って、夫が稼ぎがあるので夫がローンを返すという形にした場合、結婚してる間の夫の給料は共有財産なので、妻のものでもある。それでローンを返してるので名義がどうあれ、1/2ずつに財産分与するというのが原則にある。共同名義にしていればわかりやすいけど、そうでないと絶対揉めるやつ。一方でペアローンというのは、5000万円のローンを合わせてしたい場合に夫は3000万円で残りは妻が、といった形で契約を結ぶらしい。それぞれの範疇で勝手に払うので財産分与の計算をその通りにすれば納得しやすいだろうと思う。まあ、売るときは買うときより安くなるのでそれをどう分配すれば納得するのか知らんけど。。